鬱病により引き起こされる様々な症状|適切な治療による改善

ハート

簡単なセルフチェック

ハート

人生というのは非常に長いものです。特に社会人になってからの約40年間は人生において最も長い期間となっています。1つの会社に長く勤める人もいればいくつもの会社を渡り歩いて転職を繰り返す人もいます。近年は会社に頼る働きではなく、個人事業主やフリーランスといった自分で仕事を取ってくるスタイルも登場するようになったのです。働き方は異なりますがどのような業務形態においても、人と関わって仕事を進めていくので、嫌な思いや経験をすることもあるでしょう。このようなものが人によってはストレスとなって蓄積されてしまうパターンも少なからず存在するのです。趣味や自分の好きなことを持っている人であればこのようなストレスを上手く発散することもできますが、中にはどんどん溜め込んでしまう人もいるでしょう。

特に一人暮らしをしている人は自身の悩みを相談する人も居ないパターンが多いので、知らない内に精神が疲弊していることもあるのです。そのような場合は心療内科や精神科医といった専門的な医療機関で適切な診療を受けるのが最適ですが、近くに病院が無いというケースもあります。そのような場面でも自分自身で鬱病の予防ができるようにセルフチェックの方法を覚えておけば今後の人生において役立てる事が可能となるのです。鬱病予防のセルフチェックとして最初に行なうのが慢性的な頭痛が続いていないか、という点です。頭痛というのは病気や体調不良など様々な要因によって引き起こされます。

しかし、上記のような頭痛は薬を飲んで安静にしていれば回復してくるでしょう。ですが、鬱病が原因なって引き起こされる頭痛は機能性頭痛というタイプで身体的な要因ではなく、心の状態変化におって引き起こされてきます。頭痛はよくある症状なので鬱病が原因だったとしても多くの人は見落としてしまうのです。その他にも長期間に渡ってめまいが続く場合も注意が必要です。めまいも頭痛同様に他の病気と勘違いされやすい症状の1つなので、慢性的に続く場合は1度病院などにいって診療と検査を行なってもらった方が無難だといえるでしょう。このようにして自分で普段から意識付けておくこと鬱病発症のリスクを軽減させることが可能となるのです。