鬱病により引き起こされる様々な症状|適切な治療による改善

小さな積み重ねで心は壊れる

身体症状について

女性

鬱病というのは、心の病における代名詞といっても良いでしょう。しかし、多くの人はその病名を聞いたことがあったとしても、どういう病気なのか詳しくしっている人は多くありません。ここでは、鬱病の症状について知っていきましょう。鬱病の症状というのは、心に現れる症状のイメージが強いものかと思います。実際、この病気を患うと自身の感情をコントロールできなくなる感情障害が引き起こされたり、物事に対する意欲が低下したりと心に関する様々な症状が現れます。しかし、それだけではないのです。鬱病を患った時には、身体症状も現れると言われています。

鬱病を患うことによって身体に現れる症状というのは、睡眠障害や食欲不振・過食、倦怠感・疲労感、血行障害、運動機能障害等です。睡眠障害では、中途覚醒・入眠困難(不眠症)・過剰睡眠(過眠症)といった症状の何れかが見られ、それらが長期的に続くことで集中力の低下や日中の強い眠気といった問題が引き起こされます。食欲不振・過食といった症状が現れた場合、全く食欲が無くなる、もしくは普段より食べ過ぎてしまいます。食欲が無くなるケースでは、栄養出張等による健康被害が懸念され、食べ過ぎてしまう症状においても内臓系疾患の併発といったリスクが伴うのです。その他の身体症状に関しても、日常生活において支障をきたす内容のものばかりとなっています。もし、自身の家族や友人にそういった症状で悩んでいる人がいるのであれば、一度精神科や心療内科を受診して検査を受けてみることを提案してみましょう。ただ、友人関係であれば、そういった提案が喧嘩の原因になる可能性がありますので、伝え方には充分注意することをお勧めします。

発症率の高いタイプ

男性

鬱病という精神的な病には複数の種類が存在しています。その中でも最も発症率が高いとされているのが大うつ病性障害というタイプで、喜びなどのプラス的な感情を失ってしまうのが特徴的です。

通勤時間との関連性

頭を押さえる女性

慢性的な長時間労働は鬱病などの精神的な病を引き起こす可能性があるので、非常に危険です。また、通勤時間が長くなると仕事だけで1日の半分以上が専有されてしまうので、通勤時間はできるだけ短くするほうが良いのです。

簡単なセルフチェック

ハート

鬱病は風邪とは異なり身体的な異変が現れにくい病気なので、自身で気づくことが難しいともいえるでしょう。ですが、慢性的な頭痛やめまいが長期間に渡って続く場合は鬱病の可能性があるのです。

部下へのフォロー方法

ドクター

同じ会社に数年間勤めていると、新卒の社員が入社することによって自分が上の立場になる可能性があります。そうなった場合は新入社員が心を病んで鬱病になってしまわないように適切な業務フォローなどを行なっていきましょう。

精神病の治療順序

うつ向く女性

鬱病などの精神的な病は風邪などとは異なり、薬が効き始めるまでに1週間近くのタイムラグが発生していきます。そのタイムラグを理解した上で治療に当たっていくのが重要となってくるのです。